大工の苦悩の日々を告白


by kjryxw3htk
 マルチ商法(連鎖販売取引)でインターネット端末機を販売していた大阪市の業者「Lively(ライブリー)」の幹部が、無限連鎖講防止法違反容疑で京都府警に告発されていた問題で、府警は14日、同法違反容疑で、同社元会長の城間勝行(37)と、元社長、柏木文男(47)、関連会社「リアン」取締役、城間博行(44)の3容疑者を逮捕。元役員1人についても逮捕状を取り関係先の家宅捜索を始めた。容疑が固まり次第、逮捕する。

 逮捕状が出ているのは、同社元役員、前田壮一容疑者(33)。被害者は大阪、京都、兵庫3府県を中心に約1900人、被害額は7億円以上に上り、相談を受けた被害者の弁護団は平成20年4月、同社幹部らを府警に刑事告発していた。 

 逮捕容疑は、17年5月30日〜19年4月27日までの間、京都市内の大学生らに、「MX−CITY(マトリックスシティ)」と称する仮想都市をイメージしたポータルサイトを立ち上げるとうたい、代理店登録料やインターネット端末機購入名目などで、一口29万4千円もしくは39万9千円で勧誘。新規加入者を登録させれば報酬が得られるなどと説明して25人に936万円を出金させ、「ねずみ講」を運営したとしている。ポータルサイトに運営の実態はなかった。

 同社をめぐっては、大阪、京都、兵庫の3府県が20年3月、特定商取引法(不実の告知など)に基づき6カ月間の業務停止命令を出し、同社はすでに解散している。

 元社長の柏木容疑者は逮捕前、産経新聞社の取材に対し「ねずみ講ではない。私は会社に名前を置いていただけで、(事業には)タッチしていない」と話していた。

【関連記事】
「2万2千円ポッキリで…」ねずみ講容疑で親子逮捕
首都圏中心にねずみ講 容疑の無職女ら2人逮捕 埼玉県警
世界で驚きと是非問う声…150年の禁固刑は妥当か否か
ねずみ講容疑でネット関連社長ら逮捕
ほおの銃弾に12年間気づかず アルバニア人女性

桜井茶臼山古墳 発掘成果紹介の速報展始まる(毎日新聞)
<掘り出しニュース>たわわちゃん、清水寺に初詣で (毎日新聞)
航対連と30年ぶり 豊中市議会が懇談(産経新聞)
長男刺殺、二審も懲役6年=裁判員裁判「判断正当」−福岡高裁(時事通信)
特捜部捜索にオフィス街騒然(産経新聞)
[PR]
# by kjryxw3htk | 2010-01-21 17:25
 厚生労働省の「新たな治験活性化5カ年計画の中間見直しに関する検討会」(座長=楠岡英雄・大阪医療センター院長)は1月19日、第8回会合を開き、事務局が提示した報告(案)を大筋で了承した。今後は事務局が最終的な調整を行い、医政局長通知として2月中に発出する予定。

 報告(案)では、「治験・臨床研究を実施する人材を育成し、確保する」など5項目から成るアクションプランの進ちょく状況などを踏まえ、今後取り組みをさらに強化すべき課題として、▽治験・臨床研究の効率化▽研究者の育成▽治験・臨床研究の情報公開―など6項目を掲げた。
 このうち、「研究者の育成」では、被験者保護などの研究倫理や臨床研究の方法論などに関する教育の必要性を指摘。また「治験・臨床研究を通じて医療の進歩を目指すことが医師として求められる資質」として、医師に対してより積極的な参加を訴える内容になった。

 今後の取り組みとしては、治験や臨床研究を行う「中核病院」や「拠点医療機関」に対して、人材確保や患者対応など体制整備のため、2011年度までの年度ごとに実現すべき具体的な項目を提示。他の医療機関についても、こうした医療機関を参考に取り組んでいくべきとした。
 また、治験業務に関して、試験データの質を必要以上に高めようとするために、過剰な作業が発生しているなどと懸念されるオーバークオリティーの問題を念頭に、規制当局と関係者を交えた検討など対応が望まれるなどとした。

 同検討会は昨年6月から、07年3月に厚労省と文部科学省がまとめた「新たな治験活性化5カ年計画」で治験・臨床研究のコストやスピード、質を諸外国並みに改善するなどの目標達成に向けて掲げたアクションプランについて、進ちょく状況や見直しの必要性などについて議論していた。


【関連記事】
「グローバル臨床研究拠点」に北里大と慶大―厚労省
治験活性化の意義や目的をテーマに議論―厚労省検討会
中核病院・拠点医療機関に求める機能で議論―厚労省治験活性化検討会
医療機関はネットワーク化で症例確保に協力を―厚労省治験活性化検討会
治験5カ年計画、中間見直しの議論スタート

<小沢幹事長>厳戒体制のなか長崎で集会に出席(毎日新聞)
「母殺した」と通報、公衆便所に車いす女性遺体(読売新聞)
虚偽の出会い系サイト運営=詐欺容疑で11人逮捕・警視庁(時事通信)
年間売上高4割を受注=収入減恐れ市長に工作か−贈賄申し込み、山梨県警・警視庁(時事通信)
レーザーポインターを無届け販売=輸入業者ら2人逮捕−大阪府警(時事通信)
[PR]
# by kjryxw3htk | 2010-01-20 23:46
 【小沢氏秘書 第2回公判】(9)

 《裁判官による西松建設元総務部長兼経営企画部長に対する質問が続く。民主党の小沢一郎幹事長の秘書、大久保隆規被告(48)は、目を伏せて静かに聞き入っている》

  [表]西松建設側から受けた資金提供側には小沢氏のほか二階派などがリストアップ

 裁判官「話は変わりますが、(西松東北支店の下請け業者の献金団体である)松和会についてです。松和会は、政治献金のために作られた組織なのですか」

 証人「目的は非常にあいまいです。私は『メンバーを集めてくれ』といわれたので、メンバーを集めて、会則に各社の名前を入れて…。献金団体なのか、何なのか…。私は立ち上げただけで、その先は深くタッチしていません」

 裁判官「松和会のパーティーを、全日空ホテルで開催しましたね。あなたも参加したということでした。これは年に1回、開いていたのですか」

 証人「年1回か、年2回くらい。毎年かならず開くわけではありませんでした」

 《ここで裁判官は、検察側が西松建設のダミー団体と主張する「新政治問題研究会」(新政研)と「未来産業研究会」(未来研)に質問を転じた》

 裁判官「新政研や未来研でもパーティーを開催していましたか」

 証人「分かりません。タッチしたことがないので」

 裁判官「証人が東北支店にいたとき、支店長、副支店長の指示で、松和会を作ったということですが、背後には本社の指示があったのですか」

 証人「いや…。当然、作ることについては、本社の了解を求めたとは思いますが…。本社の指示とは聞いていません。黙ってやって問題になってはいけないので、了解を求めたのではないかと思います。ただ、これは推測です」

 裁判官「東北以外の支店で、下請け会社を集めた献金目的の会は他にありましたか」

 証人「ちょっと、そういう献金目的の会が、他にあったのか…。管理本部長なら聞いていたかもしれませんが、私は他の支店の事例は知りません」

 裁判官「耳に入ってこなかったと」

 証人「入ってこなかったですし、あまり協力(下請け)会社に、その…。私はそういうのに関わると、カネの補填(ほてん)とか、問題が出てくるので、直接やってくださいと(下請け会社などに言っていた)。他の支店でやっていたとは思えません」

 《「カネの補填とか問題」の意味ははっきりしないが、証人は下請け会社の献金が滞った場合に西松が穴埋めを求められることを恐れていたと言いたいようだ》

 《検察側は、東北地方の公共工事では、小沢事務所が絶大な影響力を発揮したと主張している。松和会のような組織が、なぜ東北支店にあったのか。裁判官ははっきりさせたいようだ》

 裁判官「では、東北支店が、そういう会を作る必要性はあったのですか」

 証人「支店長が、どういう判断で行ったのか…。そこまで私は関わっていません」

 裁判官「小沢事務所は東北に基盤がありますね。それと(松和会のような団体ができたことは)関係あるのですか」

 証人「分かりません。そこまで詳しくは…」

 裁判官「証人は、東北支店に請求書が来たとき、コピーを取っておいて、原本を本社に持っていっていますね。誰に持っていったのですか」

 証人「(当時の)事務本部長の国沢(幹雄元西松建設社長)にです」

 裁判官「支店長ではなく、次長のあなたが直接、事務本部長とやりとりしたのはなぜですか」

 証人「『事務の窓口になってくれ』といわれてやったので。それ以外の理由は思いつきません」

 裁判官「次長が事務本部長と直接、やりとりするのは珍しいことですか」

 証人「上同士で、『手続きは事務担当の次長にやらせます』と言っていると思います」

 《ここで裁判官は「終わります」と告げ、尋問を終えた。大久保被告が顔をあげ、手で鼻のあたりをぬぐった。弁護側と検察側の双方が、再尋問を行いたいと申し出て、ここは検察側が「どうぞ」と弁護側に順番を譲った》

 弁護人「新政研と未来研は解散していますが、解散手続きなどに関与はしましたか」

 証人「(献金窓口だった総務部長などを)退任した後なので、一切関与していません」

 弁護人「西松建設側の人で、解散手続きに関与した人を知っていますか」

 証人「退任した後なので…。分かりません」

 弁護人「付き合いがあった相手先へのあいさつ状などは出しましたか」

 証人「退任した後なので、分かりません。やったのかどうか」

 《弁護側はこれで尋問を終えた。続いて、検察側が2度目の尋問を始めた》

 検察官「確認ですが、新政研、未来研は献金の団体ですね。収入源は一つは会費、もう一つは何ですか」

 証人「パーティー収入です」

 検察官「会費は、会員の西松社員が支払っていたのですね」

 証人「ほとんどそうだと思います」

 検察官「あなたが把握している範囲内ではどうですか」

 証人「私は社員しか(会員だった人物は)知りません。個別にだれが会員かについては、興味がありませんので(知りません)」

 検察官「(西松建設の)人事部長が(どの社員が会員かを)知っていたということですが、なぜ人事部長が知っていたのですか」

 証人「(会員になる)成績優秀者の名前を、人事から聞いてやっていたので」

 検察官「人事部で成績優秀者をピックアップして、(会員にした上で)賞与を上乗せしていたと?」

 《西松は、会員の社員が支払った会費について、ボーナス(賞与)を上乗せして穴埋めしていたという。この『賞与上乗せ』について、検察官が触れようとする。しかし、ここで弁護側が大声で異議を唱えた。主尋問で触れなかったのに、再尋問で持ち出したのが『ルール違反』だと主張しているようだ。検察側も反論し、言い合いとなる。登石郁朗裁判長は苦笑を浮かべながら、左右の裁判官に顔を寄せて何か相談している》

 裁判長「ちょっと、いったん相談します」

 《3人の裁判官は背後の控室に入り、公判は一時、中断状態となった。座り疲れたのか、大久保被告は背中側で手を組み、少し伸びをした。その後はうつむいて目を閉じている》

    =(10)に続く

【関連記事】
小沢氏側に公金9億円 解党2党の残金“独占”
大久保被告の追起訴を検討、19年の4億円移動めぐり 陸山会不動産購入
小沢“金脈”どこまで迫れるか 石川知裕議員から事情聴取
元秘書起訴 首相の政治責任は明白 「脱税」の疑い徹底解明せよ
検察攻勢で小沢致命傷? 特捜VS法務省の内部抗争説も

阪神大震災 6434人の鎮魂祈り式典(産経新聞)
「忘れていた」「銀行驚く」=石川議員、不自然な供述−小沢氏団体事件(時事通信)
<在留資格不正取得>行政書士の夫と妻逮捕 虚偽証明書作成(毎日新聞)
小沢幹事長「信念を通し、戦っていく」(産経新聞)
【くにのあとさき】東京特派員・湯浅博 「党益」が「国益」に優先とは(産経新聞)
[PR]
# by kjryxw3htk | 2010-01-19 14:21